ガス溶接技能講習

 ガス溶接・切断作業などで火災爆発事故防止のために、可燃性ガス(アセチレンやプロパン等)と酸素を用いて金属の溶接・切断・加熱などの作業を行う場合は、法規(労働安全衛生法61条、施工令20条)によりガス溶接技能講習修了の資格のないものを就業させてはならないと定められ、この種の作業者は講習修了証の携帯が義務付けられています。

 京都府溶接協会は、京都労働局の登録講習機関として、定期的にガス溶接技能講習会を開催し、ガス溶接技能講習修了証を交付しています。

登録番号 京 第34号   登録有効期間  平成31年3月31日

  ※修了証再交付についてはこちら※

講習日

  平成30年度講習日

       平成30年 

             6月 23日(土)・24日(日) 

             8月 18日(土)・19日(日)

            10月 13日(土)・14日(日)

            12月  8日(土)・ 9日(日)

        平成31年 2月  2日(土)・ 3日(日)

※ 予定は都合により、変更することがあります。ご了承ください。

定員は80名、締め切りは講習日の5日前まで又は定員になり次第
         

講習時間

  • 8時30分から17時30分  修了試験あります。

講習内容

  • •ガス溶接等の業務にために使用する設備の構造及び取扱の方法に関する知識   4時間
    •ガス溶接等の業務にために使用する可燃性ガス及び酸素に関する知識       3時間
    •関係法令                                  1時間
    •ガス溶接等の業務のために使用する設備の取り扱い(実技)           5時間

受講料

  • 講習料  8740   教本代金 860円  合計9600円
  •  

お問い合わせ

  • TEL 075-322-8401  平日 9:00 ~ 17:00

お申込方法

  • ① 所定のお申込み用紙があります。
      上記よりプリントアウトしていただくか、ご連絡いただければ、FAX又は郵送いたします。

  • ② お申込み用紙に必要事項をご記入してください。

    ③ 証明写真2枚(24×30ミリ)ご用意ください。内1枚は修了証に貼ります。

    ④ 受講料のご入金方法
       ○ 現金書留に受講料・お申込み書同封してご送付
                      →折り返し受講票と領収書を送付いたします
       ○ 受講料は指定の口座にお振込しお申込み書は郵送
  •    ○ 直接事務所にお申込書、受講料をご持参ください。

  •    京都府溶接協会 口座   京都信用金庫  西院支店 普通口座 0383257

  •   お申込書とご入金が確認できましたら受講票を送付いたします。
  • ★★ ご注意 ★★

    受講当日にご本人確認のため、身分を証明するものをご提示いただき確認させていただきます。

実技講習の様子   

関係法令

  • 労働安全衛生法 
    第6章 労働者の就業にあたっての措置
  • 第59条  事業者は、労働者を雇い入れたときには、当該労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、その従事する業務に関する安全又は衛生のための教育を行わなければならない。         
  • 第61条  事業者は、クレーンの運転その他の業務で、法令で定めるものについては、都道府県労働局長の当該業務に係る免許を受けた者又は都道府県労働局長の登録を受けたものが行う当該業務に係る技能講習を終了した者その他厚生労働省令で定める資格を有する者でなければ、当該業務に就かせてはならない。
    ②前項の規定により当該業務につくことができる者以外の者は、当該業務を行ってはならない。
    ③第1項の規定により当該業務につくことができる者は、当該業務に従事するときは、これに係る免許証その他その資格を証する書面を携帯していなければならない。
  • 労働安全衛生法施工令
    第20条   法令第61条第1項の法令で定める業務は、次のとおりとする。
         10 可燃性ガス及び酸素を用いて行う金属の溶接、溶断又は加熱の業務                                        

    建設労働者確保育成助成金  平成27年4月より一部変更になりました。

    • 建設教育訓練助成金とは
      中小建設業の事業者の方が従業員の教育訓練・実技講習をした場合に、
      受講料の一部と、講習に要した日当の一部を事業者の方に、
      各都道府県労働局から助成金が支給される建設業のみに適用される制度です。
    • 助成金を受けることの出来る中小建設業とは
       ☆ 雇用保険の保険料率が平成24年度16.5/1,000 平成23年18.5/1,000であること
       ☆ 資本金が3億円以下又は従業員300人以下の建設業であること
       ☆ 受講者が雇用保険の被保険者であること
    • この制度を利用しますと受講料の80%(経費助成)と日当の一部8千円(賃金助成)の助成金が支給されます
    • くわしいお問合せは・・・

      ■問い合わせ先(派遣労働者雇用安定化特別奨励金を除く)
      京都労働局 助成金センター
      京都市中京区烏丸御池下ル虎屋町566-1 井門明治安田生命ビル2F
      TEL:075-241-3269

      ■問い合わせ先(派遣労働者雇用安定化特別奨励金)
      京都労働局 職業安定部 需給調整事業課
      京都市中京区両替町通御池上ル金吹町451
      TEL:075-241-3225
    • 厚生労働省 建設労働者確保育成助成金についてのサイト
    • 助成金を受給するための手続きに、計画書の届出(1か月前)が必要です。(平成27年10月1日以降に開始される技能講習から)